お金に関する悩み|浮気、モラルハラスメントの無料相談なら結婚生活カウンセリング協会。まずは無料相談から。横浜、神奈川、名古屋。

NPO法人結婚生活カウンセリング協会

お金に関する悩み

離婚相談事例

お金に関する悩み

女性 この不況で夫が会社をリストラされたのが1年前。初めのうちは就職活動をしてましたが、今ではほとんど家でゴロゴロしています。私もまだ幼児を抱えていて、仕事はパート程度しか出来ず、私の結婚前の貯金を切り崩して生活している状況です。離婚も考えているのですが、こんな状態の夫に慰謝料請求出来るのかどうか、子供との離婚後の生活が不安です。(30代、女性)
男性 妻はパチンコ好きで、小遣いのほとんどをつぎ込んでいました。徐々に生活費にも手を出すようになり、それを叱った後は、内緒で借金をしてまで続けていた事が、先日督促状が届いて判明しました。もう彼女を信頼する事が出来ません。離婚すべきかどうか悩んでいます。(20代、男性)
女性 夫から生活費を月5万円渡されていて、その他のお金は全て夫の手元にあります。家賃・光熱費等は夫の口座から引き落とされますが、正直5万円での生活はキツイです。相談しても「そんなやり繰りも出来ないのか」と怒られ、結局不足分は私の預金から出しています。共同の出費にはケチな割に、夫は物欲が強く、欲しい物は金額を気にせず何でも買っています。この私だけ我慢の生活から解放されたいと思っていますが、私個人の貯蓄は少なく、夫の貯蓄額も知らないまま。離婚しても同じ苦しい生活が待っているのかと思うと踏み切れません。(40代、女性)
男性 妻を信頼して金銭管理させてきましたが、かなり自分本位にお金を使い、支払うべき税金や保険、光熱費など滞納する事もしばしば。うちは自営業の為、国民年金に加入しているのですが、その年金を数年に渡り滞納していた事が判明。将来に関わる事ですし、我慢ならず両家の両親を含んだ話し合いがもたれました。私はそれで改善されればと望みをかけていましたが、義父母や妻からは「任せっきりであった事が悪い、連帯責任だ」と言われ、一気に気持ちが冷めました。損した年金分その他、しっかり慰謝料請求をして離婚したいです。(30代、男性)

インターネットによるお申し込みは、こちら

PageTop