熟年離婚に関する悩み「夫からの離婚請求」|浮気、モラルハラスメントの無料相談なら結婚生活カウンセリング協会。まずは無料相談から。横浜、神奈川、名古屋。

NPO法人結婚生活カウンセリング協会

熟年離婚に関する悩み「夫からの離婚請求」

夫からの離婚請求

Q.夫から離婚を突き付けられています。(女性 50代)
自営業で共働きをしています。仕事を起こして20年、夫婦で頑張ってきて従業員も十数人雇うことが出来るまでになり、息子も跡取りとして入社しています。
夫は60代で心臓疾患があり、2度の手術をしています。これまでの結婚生活の中で私には夫とのことで何度か離婚を考える事件がありました。しかし自営業なので、私が離れることで会社運営が滞る事態を招いてはいけないという思いや子ども達のこともあったので、夫の病気発覚後も見て見ぬふりをして我慢してきました。
ある年夫は水商売の女性と浮気をしましたが、「一時的な浮気であり、もう別れた」という夫の言葉を信じてそれ以上は追及しませんでした。しかしその後、会社の事務員として雇った女性と浮気をしているということを従業員達からの報せによって知り、夫に問い詰めたところ、「肉体関係はない。精神的な支えではある」と言われました。夫の言い分は、「こうさせたのは妻であるお前に原因がある」と逆に私を責めてきます。
夫の度重なる浮気で、私は夫婦生活を受け入れられなくなっています。夫はセックスレスを理由に離婚を迫っています。私は今更離婚をすることは考えていません。

夫婦問題・離婚相談事例

A.急いで御主人の不倫の法的証拠を持って下さい。
御主人は60代で心臓病でありながら、身勝手な理由で離婚を求めています。おそらく御主人と女性は愛人関係にあったのではないのでしょうか。御主人とその女性の行動を調べてみてはいかがですか。事実が確認されれば御主人からの離婚の申し出は法的には却下されるのではないでしょうか。

PageTop